& records

CATALOG > &115

&115
aoki laska / ひとりの美術館
アオキ・ラスカ / hitori no bijutsukan
Print

●初回限定紙ジャケット(E式フラット)仕様

SONIC-007
¥1,800 (without tax)
2015.06.17 on sale

歌詞付

ハイレゾ

2010年代最高の女性SSWの一人として絶賛を浴びた前作から3年。
すべてを削ぎ落とし、その特別な声、そして歌に向き合った、
初のセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。

& records初の日本人女性シンガーソングライターとしてART-SCHOOL、Ropes の戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなどデビュー前から各方面で話題になっていたaoki laska。レーベルメイトであるfolk squatの平松泰二プロデュースによって、華々しくその才能を開花させた前作から3年、京都への移住、結婚等を経て、改めて歌と向き合った彼女から届けられた2ndアルバム。平松によるアレンジが冴え渡った前作から一転、今回は彼女自身によるプロデュース、楽器はほぼピアノのみ(コルネットに、彼女の夫でもある4 bonjour’s partries、LLamaの日下部裕一が参加)で、シンプルの極みともいえるサウンドながら、録音、ミックス、マスタリングを担当した岩谷啓士郎(トクマルシューゴ、LOSTAGE、Aco、Ryo Hamamoto等)が、空気感までも見事にパッケージし、豊かな響きの中から、耳元で息遣いまで聴こえてくるような、暖かくも力強いアルバムに。アートワークに使用されている絵も自身が手がけている。

 

もう行けない場所、もう描けないうたばかり集めてかざりました。ひとりの美術館へようこそ。

  • 01. 帰る場所
  • 02. きみはだれ
  • 03. ひとりの美術館
  • 04. うたうようにおどる おどるようにうたう
  • 05. 声
  • 06. もっと
  • 07. 夜をこえて
  • 08. 僕の本

 

& records online shop特典:別ヴァージョン収録CD-R

アルバム収録曲「夜をこえて」の別ヴァージョン「夜をこえて(alternate version)」を収録したCD-Rをお付けします。ここでしか聴けない貴重なヴァージョンです。

数に限りがありますので、お早めに!
確実にGETしたい方は是非ご予約を!

OTHER RELEASE